適応障害の症状と実態|自分自身を強く持とう

環境に左右される疾患

ナース

原因と症状

適応障害という病気についてご存知でしょうか。適応障害とは、特定の出来事が原因で憂鬱な気分になったり、過度に心配してしまったり、不安になる症状のことをいいます。また、特定の出来事が起こると、神経が過剰になり怒りっぽくなったり、涙もろく情緒不安定な精神状態になってしまうこともあるのです。このような症状がでる適応障害ですが、この症状になりやすい人には性格に特徴があると言われています。一番多いパターンは、価値観の違いです。どんなに努力しても、環境になじめないことや、人間関係などの性格の違いにより、自分の価値観と照らし合わせてしまい、適応障害の引き金となるのです。特に仕事に関しては、毎日出勤しなければならないので、その環境は避けられません。ですので、ストレスが積み重なって適応障害の症状が起こるのです。また、適応障害が酷い方だと、妄想や幻覚、まとまりのない行動など起こす場合があるので注意が必要です。また、自覚症状がない場合もあり、暴飲暴食になることや過度な飲酒、けんかや暴力といった行動を知らず知らずのうちに起こしてしまいます。その原因が適応障害と気づかない場合も多いので、周囲の方が気づいてあげることも大切になります。

診断方法

次に、適応障害のような症状があり、周囲の方が見てわかる場合は病院に受診することが重要です。その際、少し抵抗があっても精神科や心療内科を受診することがおすすめです。理由は、しっかりと根本を突き止めてくれるからです。自分では適応障害かもしれないと思っていても、実際は違う場合もあります。こういった誤った診断をしないためにも、精神科では、セルフケアをしっかりと行ってくれます。いくつかの項目でチェックしていき、どの症状が当てはまるかを確認してくれるのです。「適応障害だと思っていたけど実際は鬱だった」という方もたくさんいるので、より正確に判断するためにも、精神科や心療内科に受診することが良いでしょう。また、薬に関しても大きな違いがあり、精神薬や劇薬、抗うつ薬などの種類も普通の病院と比べて圧倒的に多いところも特徴です。ですが、適応障害の場合は、原因となっている出来事や場所から6カ月以上離れることによって自然と症状は消滅することが多いので、薬に頼らなくても良くなります。薬を飲まなくて良いのならできるだけ飲みたくないと思うので、環境を変えることが良いでしょう。また、睡眠や自分の時間を多くとることによって症状は圧倒的に改善されるのです。ですので、自身を追い込まず病院に行き、適度に休養を取ることが重要です。

現代人に増えている心の病

スーツのメンズ

人間は誰でも悩みを抱えています。それを自分で処理できなくなると適応障害になります。適応障害は自覚症状がないので、周囲の気づきが大切です。遅刻や欠勤が増えた時には要注意です。大事なのは患者への接し方で、休養させるつもりで優しく見守る姿勢が大切です。

More Detail

ストレスへの抵抗力を養う

診察

適応障害の治療の一つとなるのが、心療内科などで行われるカウンセリングです。このようなカウンセリングは特に女性に効果が現れやすく、人気です。男性が適応障害になった場合は、重症化する前に医療機関を受診することが大切になります。

More Detail

特定の原因による辛い症状

レディ

適応障害は、負担を感じてしまう環境や人に極端な反応が出てしまう病気です。よくある症状では、強い不安感や抑うつ気分などがあり、体調を著しく壊してしまう場合もあります。このような適応障害を治していくには専門の治療が効果的で、症状の抑制からストレス耐性にいたるまで診てくれます。

More Detail

明確なストレスの原因

女医

人は生きていれば常にストレスを発症します。適応障害は社会環境の変化にうまく対応できない症状のことです。対処法は原因となるストレスを取り除くだけで快方にむかいます。克服するには家族や精神科医へ相談することが必要です。

More Detail