明確なストレスの原因|適応障害の症状と実態|自分自身を強く持とう

適応障害の症状と実態|自分自身を強く持とう

明確なストレスの原因

女医

心も体も元気がなくなる

適応障害とはある社会生活や転居や異動など環境の変化などに対して、うまく対応できずそのため社会活動に支障をきたす精神疾患です。診断基準はある明確なストレスがありそれをきっかけに、3か月以内に精神面や情緒面などの体調がおかしくなることが挙げられます。不安症状が強くあらわれ、絶望感や焦り、不安などの症状が強くあらわれます。遅刻や過剰な飲酒、食生活など普段とは違った行動が続くと適応障害の可能性があると考えられます。環境変化や責任の負担などによるストレスが形容範囲を超えてしまい、症状があらわれるのでうつ病と間違えやすいのですが、うつ病の場合は生活全般の気持ちの落ち込みが特徴です。適応障害の場合は、会社や学校などその環境のみに適応できないことが特徴です。例えばストレスがある環境から離れた場合、別人のように元気を取り戻したりします。このように適応障害はうつ病と混同されがちで、間違った診断になると治療薬も異なるので注意が必要です。また適応障害は物事への適応力が低い人がなりやすい病気と誤解されがちですが、本来は前向きで真面目な人が起こりやすい病気です。小さな子供からお年寄りまでどの年代でも起こりえます。世間ではまだ理解が低く、職場不適切や不登校などと呼ばれ家庭内では離婚や別居といった形であらわれます。

考えすぎないこと

適応障害は初期のうちはまだ回復力がありその環境を変えて休息をとればストレスが減少し回復します。ですが長期に及ぶと症状が多様化してしまい、ストレスが慢性化して対処の仕方がとても難しくなります。治療法には3つあり、カウンセリングと投薬治療、そして一番大事なのが休息です。投薬治療は症状に対して薬を使うだけで根本的な解決にはなりません。ストレス耐性は人によって異なりますが、適応障害は原因となるストレス因がなくなれば、その後症状が悪化することはないとされています。そしてストレスに対する本人の受け止め方にアプローチしていく認知行動療法も効果があるといわれています。ただストレスのある環境で仕事をしながら治療をすると回復が難しくなります。職場や学校などが要因となっている場合は、ポジションを変更する必要があります。対応してもらうためには、どのように伝えたらいいか主治医に相談してみるといいでしょう。このように自分の症状についてよく知って、その意味や対処方を知ることは根本的な治療へつながります。本来、環境への不安という感情は人間に備わった安全確保するための防御機能であると言えます。なのでその感情を上手く利用して、自分を守るために有効に活用していきましょう。