特定の原因による辛い症状|適応障害の症状と実態|自分自身を強く持とう

適応障害の症状と実態|自分自身を強く持とう

特定の原因による辛い症状

レディ

ストレスへの極度な反応

適応障害は、その環境や人によって強い不安感や抑うつ気分などが出てしまう病気です。適応障害の原因はほぼストレスと見られており、その原因に関わるときにだけ症状が目立ちます。しかし、原因から離れると回復する傾向があり、明らかな拒否反応が出ていると考えられます。この適応障害で悩まされている人は多く、それが会社や特定の人などさまざまです。ひどいときは動悸や息切れを感じる場合もあり、無断欠勤などの問題行動を起こしてしまう可能性もあります。これらを解消していくには、専門の病院で相談していくことができます。適応障害は精神的な症状から、精神科や心療内科で診てもらえます。そこでは薬物による症状の抑制を続けていき、目立つ症状を落ち着かせていきます。また、心理療法も適応障害には効果的で、ストレス耐性を目的とした治療が行われます。適応障害の場合は、ある程度のストレスに対する免疫力を身につけなければいけません。今後のことも考えて、基礎をしっかりしていなければ繰り返される可能性があるからです。ストレスに耐える工夫を身につけるようにし、慣れていくようにすれば症状も目立たなくなります。症状が出ているのに無理に我慢しようとはせず、専門的な治療で少しでも楽になれるようにしていくのが大切です。

原因を避ける工夫

適応障害ははっきりとした原因がわかっているため、原因とどう向き合っていくかがポイントになります。一番いい方法は、原因から避けていくことです。つまり、嫌なところや苦手な人に会わないようにすれば、適応障害の症状は自然となくなっていきます。これを行動に移すには簡単なことではない場合も多いため、慎重にならなければいけません。例えば原因が会社にある場合は、辞める決断も選択に含まれます。しかし、辞める方向以外でも、部署の移動や休職も原因から避けられる方法です。医師や会社と十分に相談をしながら、どういう方向性が自分にとって一番いいのかを決めていくようにしましょう。以上のことがよくわかっていない場合、ストレスの原因から離れられずにいると症状はなかなかよくはなりません。いつまで経っても症状に苦しむようになるので、我慢を続けるのはよくないのです。何らかの形で原因を遠ざけていく工夫を考える必要があります。一時的に離れるだけでも負担が軽くなるため、その間に十分な静養を取れば今後に向けた対処法も余裕を持って考えられます。日本では辛さに耐える精神が美徳ともされていますが、かえってストレス増加の要因にもなってしまいます。自分を優先させた考えで、原因を見直していかなければなりません。